どこから来るの? | 大事な愛犬が病気になったらどうする?|動物薬を紹介します

どこから来るの?

青い錠剤

犬にとって圧倒的に怖いフィラリア症と呼ばれる病気ですが、なぜフィラリア症になってしまうのか?
根本的な原因について今回は紹介していきたいと思います。

まずフィラリア症というものは、蚊に刺されることによって初めて感染してしまいます。
つまり蚊に刺されないようにすれば、フィラリア症になることはありません。

しかしそれはおそらく不可能といっても過言ではないでしょう。
蚊というのはいたるところにいますので、いつどこで刺されてしまうのかまったく見当がつきません。
室内で犬を飼っていたとしても、蚊に刺される可能性は必ずあります。
たとえ蚊取り線香を付けていたとしても、隙間を狙って蚊は犬を刺しに来てしまいます。
だから根本的に刺されないようにすることは、おそらく誰もできないと思います。

なお蚊といっても、厳密にいえばフィラリアの幼虫を体内に含んでいる蚊になります。
そのため蚊=フィラリア症に感染するということはありません。
すでにフィラリア症に感染している犬の血を蚊が吸うとフィラリアの幼虫が蚊の体内に入り込み、そして次に刺す犬の体内にフィラリアの幼虫が侵入していきます。
これがフィラリア症の始まりです。

一度侵入したフィラリアの幼虫はしばらくの間筋肉の間や皮膚の裏でじっと潜伏し、成虫になると突然暴れ出します。
その際に血管の中に侵入されてしまうとパノラミスによる駆除ができなくなってしまうので、とても恐ろしい寄生虫だといえるでしょう。